長野県安曇野市穂高にある、本格的なラーメンも楽しめるアットホームな雰囲気が漂うオシャレな居酒屋です。

居酒屋 蓮

お酒の種類

製造法別の3つのお酒の種類を勉強してみよう

投稿日:2016年4月6日 更新日:

スポンサーリンク

どうも、長野県は安曇野にあるラーメン居酒屋蓮でweb担当をしています、daisukeです。皆さんは「お酒の種類を説明してください」とクイズが出たら答えられますでしょうか?

 

難しく考える事はありません。簡単に答えられると思います。ビール、焼酎、ウィスキー、ブランデー。一般的にはこう答えると思います。では「製造法別にお酒の種類を説明してください」とクイズが出たらちょっと......(・ω・)?ってなると思います。

 

今回はそんな、製造法別のお酒の種類を3つに分けてご紹介。製造法や主な原料や特徴を知る事で自分に合ったお酒を見つける事は非常に重要な事です。それを知る事によって二日酔いや飲み合わせの悪いお酒の選び方等を学べる事が出来ます。

 

どうせ飲むなら、次の日に残さずお酒を楽しみたいですよね?これを知って自分の生活に合ったお酒を選び、是非皆さんのLiquor Lifeに役立ててみてください。では行ってみましょう~!!

 

ビールやワイン等を作る製造方法 「醸造酒」

醸造酒の説明 ビールの画像

 

醸造とは酵母の発行作用によって製造する方法。古くから、古代エジプトでも使われていた製法であり、最も一般的な製造法です。原料は、果実や、穀物類の大きく分けて2つに分かれます。醸造法にはワインのように果汁に酵母を添加して発酵、熟成させる直接醸造法と清酒やビールのように原料を一度糖化させ発酵させる糖化醸造法があります。

 

特徴として、アルコール度数はあまり高くなく、飲みやすい事が挙げられます。ご経験があると思いますが、一番二日酔いになりやすいのがこのタイプです...飲み口がいいのでひたすら飲んでしまいます( ;∀;)オエ

 

自分も結構ビール党なんで、ずっとビールばかり飲んだ次の日はほんとに悪酔いします。醸造酒は飲み過ぎに注意です。

 

まとめますと

  • 原料:糖類 ワイン
  • 原料:穀物 ビールや清酒
  • 特徴 アルコール度数も高い方ではなく、飲み口もいいため、ついつい
  • 飲み過ぎてしまいがち。反面、悪酔い、二日酔いをしやすい。
  • 飲み過ぎ、飲み合わせに注意する。

こんな感じになります。ガッツリ飲むなら週末や休みの前の日等をおすすめします。

 

ウィスキーやウォッカ等を作る製造方法 「蒸留酒」

 

蒸留酒の説明 ウイスキーの画像

 

上記で説明した醸造をさらに蒸留させることによって作るアルコール度数が比較的高いお酒です。原料は醸造と同じで主に、ウィスキーやウォッカ等が代表的な例です。醸造酒のアルコール度数は16%から20%程度が限界になります。これ以上の濃度では酵母自体が死滅するためお酒として成り立ちません。

 

そこで、濃度を上げるにはエタノールの濃縮が必要になります。小学校の時に勉強した事を思い出してみてください。1気圧における、エタノールの沸点は約78度。逆に水の沸点は100度でしたね。これを利用します。単純に考えて、醸造酒を蒸留器で加熱すると水より先にエタノールの方が沸点が低いため気化します。つまり蒸気です。

 

この蒸気を集めて冷却させると液体に戻ります。この液体は元の醸造酒よりエタノールが濃縮されているため、アルコール度数が高くなります。これが蒸留酒の製造原理です。この蒸留技術の発達により、キリっとした飲み口のお酒が誕生し種類もバラエティー豊かになりました。

 

また意外かもしれませんが(ここポイントです)アルコール高いわりに、二日酔いをしにくいという特徴があります。好みは分かれますが、いいこともあるんですね~。

 

では蒸留酒をまとめます。

 

  • 原料:糖類 ブランデー、ラム酒
  • 原料:穀物 ウィスキー、ウォッカ、ジン、焼酎等
  • 特徴 アルコール度数が比較的高いため、好みは分かれる。(平均40%くらい)
  • その反面、二日酔いしにくいという事が挙げられる。少しで酔える。
  • 消毒としての効果もある。

みたいな感じになります。平日や寝つけが悪い時等にグワーっと煽るのもいいんじゃないでしょうか(*´з`)フィー

 

飲み過ぎて不慮の怪我でもしたら、ウォッカをぶっかけましょう!!(笑)

 

スポンサードリンク

梅酒やリキュール等を作る製造方法 「混成酒」

 

混成とは、上記の醸造酒、蒸留酒にハーブや果実、糖類等のエキスを配合した製造方法です。主にカクテル系ですね。蒸留したものをベースに作られた混成酒をリキュールと呼びます。色、香り、味も様々でカクテルの主材料としては欠かせずまた、そのままのオン・ザ・ロックでも十分に飲めます。

 

余談ですが、杏露酒(しんるちゅう)というあんずのリキュールがスーパーや酒屋さんに売っているんですが、超おすすめです!!水で割っても、ジュースで割ってもなんでも合いますよ!!特徴としてはお菓子や、料理などにも使われることがあるので応用が利くことですかね。

 

混成酒をまとめますと

  • 原料:糖類 キュラソー、カシス、カンパリ、カカオ等
  • 特徴 アルコールは中間くらいだが、ジュースなどで割る事でカクテルとしても
  • ロックやストレートでも好みによって合わせられる。
  • 悪酔いの原因になるため、他のお酒との併用はおすすめしない。
  • カクテルに詳しいと女性にモテる....イメージがある(笑)

 

ってな感じになります。最後の解説は僕の個人的な意見です(/・ω・)/ヨイショー

 

以上が製造方法別の3つのお酒の種類でした。知っておいて損はないと思います。くれぐれも飲み過ぎにはご注意を!!

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


The following two tabs change content below.
daisuke

daisuke

元居酒屋「蓮」店員。会社員として一般企業に勤める傍ら、お世話になっている「蓮」のオーナーのため、将来の自分のため何か出来ないかと考えた結果、コンテンツマーケティングという集客法を知る。パソコンなど全く出来なかった状態だったが、実店舗に新規集客を促すため試行錯誤しながら奮闘中。

facebookページ

公式facebookページ

営業時間・情報

090-2495-2765
火~日18:00~25:00
毎週月曜日
第3日曜日店休日

サイト内検索

-お酒の種類

Copyright© 居酒屋 蓮 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.