長野県安曇野市穂高にある、本格的なラーメンも楽しめるアットホームな雰囲気が漂うオシャレな居酒屋です。

居酒屋 蓮

ビール お酒

[自宅で簡単]缶ビールを居酒屋の生ビールみたいに美味しくする注ぎ方と方法

投稿日:2017年8月29日 更新日:

スポンサードリンク

こんにちは、安曇野穂高の居酒屋「蓮」DAISUKEです。

 

毎日お仕事を頑張って、帰宅してお風呂に入った後に、ご飯を食べながら、一発目は缶ビールで晩酌するという方は多いと思います。夏の暑い日なんかは特にそうですよね?

 

僕は普段は晩酌をしない方なんですが、夏とかはたまに、仕事終わりにスーパーに寄って、缶ビールとおつまみをちょっと買って帰ったりします。

 

ビール飲んだ時の、あの瞬間はたまらないですよね?「このために生きてる~!!キター(・∀・)ー!!」なんて映像や言葉を聞いた事あるくらいたまらない瞬間です。

 

あるか?ないよね?(笑)

 

でもですね、ここでちょっと質問したいんですが、市販の缶ビール。どうやって飲んでますか?また、どういった基準で買ってますか?もしかしたら、陳列棚の一番前に置いてある缶ビールを買って、缶のまま飲んだりしてはいませんか?

 

それはもったいないですよ。ちょっとのコツで、居酒屋の生ビールに近い「おいしい缶ビール」にする事が出来るんです。

 

今回は、毎日晩酌を楽しみにしながら日々頑張っているアナタに送る、ビールがおいしくなって、もっと晩酌が楽しみになる。そんな記事になります。どうぞ最後までお付き合いください。

 

では、始めますか(^^♪

 

ビールは鮮度が命!!出来るだけ賞味期限の遠い、新鮮なビールを買うべし!!

 

実は意外に知られていないんですが、ビールという飲み物には鮮度という概念があります。おいしいビールはこの鮮度が命になります。スーパードライのCMなんかでも言っていた事がありますよね?あれは、本当なんです。

 

ビールの賞味期限はおよそ9ヵ月程度です。なるべくなら、製造日から1ヵ月以内の缶ビールを買うように、鮮度を重視してください。

 

バラで缶ビールを買う人は、缶ビールの賞味期限が缶底の中間に賞味期限が記載されているので、そこを見ながら購入しましょう。ケースで買う人は側面に賞味期限の記載がありますので、そちらを参考にしてください。

 

缶ビールのケース買いをおすすめしない理由

 

ビール好きな人はよくケースでまとめて買ってくる人もいるかと思いますが、僕は24本入りのケース買いをおすすめはしません。

 

その理由は、やはり鮮度が落ちるからです。

 

一般的な家庭の、一日のビールの消費量の平均を予想するとおよそ「1~3本」ではないかと思います。物足りなかったら、そこから焼酎などにシフトしていくイメージ。

 

次に350ml缶を基準として1回に飲む本数を聞いてみたところ、全回答総数を回答人数で割った一回当たりの飲酒における平均ビール系飲料消費量は「1.84本(654.5ml)」

 

「1.5~2本(525~700ml)」という声も31.4%を数え、全体の8割以上の人びとが「1~2本」に集中していました。

引用元 アサヒホールディングスより

 

ビールの大手、アサヒさんの調査では1日の平均が「1~2本」。という事は、1日平均2本の缶ビールを飲んでいるとしたら、24本入りのビールを飲み切るまでに最短で12日掛かるという事です。

 

休肝日を設けている人もいると思います。毎日飲むという人もいると思いますが、実際はもうちょい遅くなると予想します。

 

 

引用元 アサヒホールディングスより

 

こちら、引用させて頂いた統計図によると、平均「週4日」くらいの目安でビールを消費しているという事が分かります。ほぼ毎日という人が33%もいるんですね~(@_@)アルコール依存症というとても怖い病気もあるんで、それだけはご注意願いたいです。

 

参考記事はこちらからどうぞ

[徹底解説]お酒の飲み過ぎで起こる病気、アルコール依存症。強いからって飲み過ぎると、人生崩壊しますよ。

 

以上をふまえると、週4日に2本のビールを飲んだとすると(1週間=8本。3週間=24本)24本入りのケースを飲み切る平均は、3週間の21日が平均的な日数という事になります。

 

おおまかではありますが、ほぼ1ヵ月経っているという統計。それだけ鮮度が落ちるという事。ですので、僕は1週間以内に消費出来る、6缶パックを買う事をおすすめします。

 

箱のケース買いの方が値段的にもお得になる事は確かですが、今回の記事は「缶ビールを劇的においしくする」という事にフォーカスしているため、こちらの情報に価値を感じている方だけ、お試しになって頂ければと思います。

 

缶ビールの冷やし方

 

缶ビールの冷やし方にも注意が必要です。買ってきた缶ビールをすぐに冷やしたいからと「冷凍庫」で保存したりはしていないですか?これ、入れたまま他の事をやっていると、結構忘れがちになります。

 

入れたままずっと凍らしておくと、缶ビールが爆発する可能性があるので冷凍庫にいれておくのは危険です。また凍らしてしまった缶ビールを常温で溶かし、それからまた冷やして飲んでもおいしくありません。凍った時に炭酸が逃げてしまい、味が水っぽくなってしまうためです。

 

買ってきたビールは、「冷蔵庫」でしっかり冷やしておく事をおすすめします。出来れば、1日しっかり冷やした方が理想的。

 

6缶パックが今日で切れると分かっていれば、「帰宅時に買って帰る→今日の分のビールを楽しむ→買ってきたパックを冷蔵庫で冷やす。」このサイクルの循環が一番理想ではないかなと思います。

 

缶ビールを短時間で冷やす裏ワザ

 

万が一のために、短時間で缶ビールを冷やす裏ワザも紹介しておきますね。それは、缶ビールに濡れたキッチンペーパーやティッシュを巻き付けて「冷凍庫」に入れる事。

 

なぜこのやり方で缶ビールが冷えるかと言うと、濡れたキッチンペーパーやティッシュが、冷えるのと同時に水分蒸発し、その気化熱で通常冷蔵より冷える。という仕組みを利用した冷やし方だからです。

 

これはあくまで冷やすことを忘れてしまったり、買い溜めをしておかなかった時に、すぐにでも冷やして飲みたいという時におすすめするやり方です。

 

ですので、冷却する時間はおおよそ30分くらいを目安に「冷凍庫」から取り出してください。くれぐれも「取り忘れ」にはご注意くださいね。

 

以上が準備編ともいうべきパート。それでは、どういう風にすれば「劇的においしい缶ビール」になるのか?まずは、器になるグラスの説明から。

 

スポンサードリンク

 

グラスはコップよりジョッキか高低差のあるグラスを用意するべし!!

 

グラスは、ジョッキか高低差のあるグラスを用意しましょう。普通のコップはおすすめしませんよ!!何故かと言うと、泡が立ちにくいため。

 

100均などでジョッキグラスやビールグラスは簡単に手に入る時代ですので、ぜひ探してみてくださいね。

 

グラスを冷やしておくとよりおいしく飲めますが、そこまでは気にしなくても問題はありません。補足的に覚えておいてくれればと思います。

 

缶ビールをそのまま飲むとおいしくない理由

 

缶ビールを、缶のまま飲んでしまう人も多いと思います。しかし、この飲み方はビールをおいしくしない原因のひとつです。

 

缶ビールや瓶ビールは、製造段階でしっかりと考えられた最適量の炭酸ガスを注入されてはいるんですが、消費者の長期の保存なども考えられているため、多めの炭酸ガスが入っているんです。

 

ですから、プルトップを開けてそのまま飲んでしまうと、炭酸が強すぎてしまうという事。この事から、居酒屋みたいなおいしい生ビールにするために、一度グラスにビールを移し替え、少し炭酸を飛ばしてあげた方がいいという事になるんですね。

 

では、ビールを注いでいきましょう!!

 

缶ビールを高い位置から入れ、きめ細かい泡立ちを意識してぶち込むべし!!

 

①まずは肝となる泡作りから

 

グラスの底部に向かって少し高い位置から。泡立ちを意識して、注ぎ落す様にビールを流し込んで入れましょう。この時のコツは入れながら缶ビールを上げていき、高低差の衝撃を意識してキメ細やかな泡を作るようにする事です。泡が全体の2/3くらいまで泡立ったら1回ストップ。

 

②泡を作ったら、メインのビールをゆっくり注ぎましょう

 

比重が下がってきて、だんだん泡が落ち着いてくると思います。、グラスの3割くらいを占める泡の量になってきたら、グラスを傾けます。そして、泡の下をくぐらせる様にゆっくりとビールを注いでいきます。

 

③最後にもう一度仕上げの泡を作ります

 

ビールが注がれていき、泡がどんどん上がってくるのを見ながら、ゆっくりとグラスも立てていきましょう。最後に泡の中心を狙ってグラスの淵まで泡がせり出てきたら、居酒屋の生ビールみたいなおいしいビールの完成です(^^)

 

文章では伝わりにくいと思いますので、とっても分かりやすい解説をしながら実践している動画がありました。こちらも重ねて参考にしていただければと思います。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?今回は自宅で飲む缶ビールを、居酒屋の生ビール並みに劇的においしくする方法をご説明しました。

 

ビールをおいしくするコツは、いかにきめ細やかな泡を作り、しっかりと泡で蓋をするかという事です。興味がありましたらぜひ、ご家庭でお試しいただければと思います。

 

では、また(・∀・)

 

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


The following two tabs change content below.
daisuke

daisuke

元居酒屋「蓮」店員。会社員として一般企業に勤める傍ら、お世話になっている「蓮」のオーナーのため、将来の自分のため何か出来ないかと考えた結果、コンテンツマーケティングという集客法を知る。パソコンなど全く出来なかった状態だったが、実店舗に新規集客を促すため試行錯誤しながら奮闘中。

facebookページ

公式facebookページ

営業時間・情報

090-2495-2765
火~日18:00~25:00
毎週月曜日
第3日曜日店休日

サイト内検索

-ビール, お酒

Copyright© 居酒屋 蓮 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.